ザイフ(Zaif)の安全性やセキュリティーは?口コミや評価・評判!

【この記事は2021年4月現在の内容です。】

暗号資産が広く知られるようになると、今まで以上にビットコインやイーサリアムといった価値の高い暗号資産が犯罪者に狙われるようになります

これまではネット回線を通してハッカーから狙われていましたが、最近では現実世界でもビットコイン強盗なるものまで横行しています。

自分のPCやスマホが直接狙われる可能性も大きくなってきました。

そこで今回は、COMSAなどで注目を浴び、投資家に人気の高いザイフ(Zaif)の安全性やセキュリティー、口コミ・評価・評判について解説します。

※口座開設がまだの方はこちらの記事を参考にされて下さい↓

Zaif公式HPはこちら!

Zaif(ザイフ)の口座開設&登録方法を徹底図解!本人確認書類や2段階認証について!

ザイフの安全性やセキュリティーは?

ザイフに大切な資金を預けるということは、多少のリスクが伴います。

ザイフの経営状況のリスク・ザイフの従業員による不正行為のリスク・ザイフのセキュリティーのリスク・暗号資産ネットワーク全体のリスク

…以上が挙げられます。

ザイフでは、リスクを少しでも軽減するため

1.顧客から預かった資金の大半をオフラインで保管(コールドウォレット)

2.顧客情報とそのバックアップデータは、移行・読出・復元において、複数の管理者の電子署名が必要(マルチシグ)

3.取引所のシステムは複数層から成り、外部からのアクセスは一切不可能

4.経営資金と顧客の資金を分離管理

…などの対策を講じています。

これらの努力があり、ザイフは人気の取引所となっています。

ユーザー自身でできるセキュリティー対策

ユーザー自身でできる安全対策として、スマホを使った二段階認証があります。

ザイフでは、ログイン時のログインパスワード以外にも、ワンタイムパスワードを作成してログインする二段階認証があります。

これは認証アプリをスマートフォンにインストールして行うもので、これにより、口座管理と入出金のセキュリティーを高めることが可能です。

注意点!

二段階認証を設定した後で、スマホを買い替えた・壊れた・紛失した、などして2段階認証ができなくなるケースが増えています。

二段階認証を設定した時には、必ず「バックアップコード」も発行しておきましょう

ザイフでは、バックアップコードを発行していないユーザーに対しては

1.名前、フリガナ
2.住所
3.登録日時
4.取引履歴
5.電話番号

これらの情報を書いたメールを「問い合わせ」宛てに送ることで、一時的に二段階認証を解除する対処が可能です。

けっこう面倒なので、バックアップコードは忘れずに発行しておきましょう

ザイフの口コミは?

ネット上におけるユーザーの評価や評判をチェックするのはとても大切です。いくつか紹介しますね。

ザイフで暗号資産投資をするには

ザイフにはビットコインやビットコインキャッシュ、ザイフトークン、COMSAなど、魅力的な暗号資産がたくさんあります。

ですが、ザイフでトレードをして利益を上げるには、まずは口座を開設する必要があります。

口座開設費用も口座維持費用も無料なので、ぜひ開設してみてはいかがでしょうか。

Zaifの無料カンタン口座開設はコチラ!

 

【Zaif(ザイフ)関連おすすめ記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください