LISK(リスク)のメリットやデメリットまとめ!評価・評判や特徴は?

【この記事は2021年4月現在の内容です。】

暗号資産LISK(リスク)時価総額ランキング上位にいる有望なアルトコインのひとつです。

今回の記事は、リップルと共に草コインブームの先駆けとなったLISK(リスク)のメリットやデメリット、評価・評判、特徴について解説します。

LISKのメリットは?

 

暗号資産LISKに投資するメリットに、将来性の高さがあります。

分散型アプリケーションプラットフォームイーサリアムが大先輩ですが、後輩にあたるLISKにはイーサリアムにない特徴があります

・サイドチェーンにより認証スピードが速い

・エンジニアに人気の言語Javascriptを使用

これらはイーサリアムにはない優れた点です。これからはイーサリアムよりもユーザーが増える可能性があります。

 

当然、投資する側にしても、価格が上昇すればその分利益を上げられるので、大きなチャンスとも言えます。

草コインで億り人を目指すのも悪くありませんが、手堅く利益が出そうなアルトコインに投資をするのも良い方法ですね。

LISKのデメリットは?

LISKはリスクと読みます。

英語で「危険」「損失」「損害」を意味する「RISK」と似ているため、何やら危ない感じがしますね。

実際は違います。投資にリスクはつきものですが、それはLISKに限ったことではありません。

考えられるデメリット

ひとつ考えられるデメリットは、LISKを失うことです。

これは、預けていた取引所がハッカーに狙われた・取引所が破産した、預けていたウォレットのパスワードを忘れてしまった、などですね。

LISKの評価・評判は?

この方のLISK押しの熱意がすごいですね。

LISKの特徴は?

暗号資産リスクとは、お金としての役割以外にも「分散型アプリケーションプラットフォーム」としての役割があります。

実は「LISK」とはプラットフォーム内の通貨名称です。通貨単位が「LSK」になります。

そして「Lisk」がプラットフォーム名称になります。

少しややこしいですね。ですが、トレードをするだけでしたらそんなに神経質になる必要はありません。

使用言語:エンジニアが開発しやすい「JavaScript」

取引認証システム:「DPoS(Delegated Proof on Stake)」

アプリ基盤:メインチェーンにリンクする「サイドチェーン」

などの特徴が挙げられます。

LISK(リスク)の発行枚数や使い道(用途)とは?半減期やgoogle提携の噂を調査! LISK(リスク)のチャートで見る今後と将来性!いくらまで上がる?

LISKの購入方法は?

LISKの買い方ですが、国内取引所か海外ではバイナンスでも購入が可能です。

バイナンス公式HPはこちら!

【2021最新】バイナンスの日本人用登録方法(口座開設~本人確認)を徹底図解!【PC版】

【注意】
現在、海外取引所には日本円を直接入金できません。

そのため、海外取引所で取引を開始するには、まずは日本の国内取引所で口座を開き、日本円をビットコインなどに両替して送金するか、提携しているクレジットカードデビットカード購入する必要があります。

日本国内の暗号資産取引所を利用するなら金融庁の認可を受けセキュリティが高い取引所を選びましょう。

当サイトでは「これから取引を始めたい!」「国内の取引所はどこがいい?」という方に、下記の取引所をおすすめしています!

口座開設費用口座維持費用無料手数料もお得です。

DMM Bitcoinの無料口座開設はこちら

DMM Bitcoinの口座登録方法!開設時間(期間)や出金(送金)手数料は?

GMOコインの無料口座開設はこちら

GMOコイン無料口座開設登録方法!本人確認書類や売買手数料まとめ!コインチェック

Coincheckの無料口座開設はこちら

コインチェックの口座開設&登録方法を徹底図解!開設までの時間や登録できない時の対処法・解決方法!

Liquidのカンタン口座開設はこちら

Liquid(リキッド)の口座開設登録方法!本人確認書類や二段階認証も解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください