GMOコインのXRPチャートの見方やレバレッジ・スプレッドまとめ!

【この記事は2021年4月現在の内容です。】

投資というものは、安い値段で買い、高い値段で売って利益を上げることがセオリーです。

リップルはこれからまだまだ上昇する可能性が十分ありますから、次の爆上げで利益を上げるためにも、今のうちに仕込んでおきたいと考える投資家も多いはずです。

そこで今回は、GMOコインのリップル(XRP)チャートの見方やレバレッジ・スプレッドに関することをまとめました。

GMOコインのXRPチャートの見方

ここではチャートの見方について説明します。

トップページ→「取引所」の「現物取引」→「リップル」を選択→右上の「ローソク足チャート」をクリック

 

次にチャートの設定操作について説明します。

チャートの切替:ページ上部の左端で切り替えます。

時間足切替:ページ上部の左から2番目で切り替えます。Tick・1分・5分・10分・15分・30分・1時間・4時間・8時間・12時間・日足・週足・月足から選べます。

テクニカル指標:ページ上部の「インジケーター」から、移動平均線・RSI・ストキャスティクス・MACD・ボリンジャーバンド・パラボリックSARなどが選択できます。

線画ツール:ページ左側に並んでいるツールから、十字カーソルラインなどのツールを切り替えられます。ただし、線画ツールはPCのウェブブラウザのみ利用可能です。

ローソク足のデータ:ローソク足のデータである始値(O)・高値(H)・安値(L)・終値(C)はチャート上部に表示されます。

GMOコインでのトレードに関する疑問

ここではリップルをトレードする時に気になるについてまとめました。

GMOコインのスプレッドは?:現物

GMOコインでは、現物の場合、ユーザー同士の売買でリップルをトレードできないため、取引所相手にトレードを行います。

このためスプレッドは常に広い状態です。

また、スプレッドの開きは一定ではありません

画像を撮影した時のスプレッドは4.5円以上開いていますね。

GMOコインのスプレッドは?:暗号資産FX

暗号資産FXのスプレッドは、画像を撮影した時点では約2円です。

スプレッドはその時の流動性などで広がったり狭まったりするので注意しましょう。

投資家ビギナーはスプレットの開きに注目してしまいがちですが、GMOコインのFXで利用できる注文の種類の多さにも注目して欲しいです。

複雑な注文ができるということは、自分の戦略が…より理想に近い形のトレードが…可能になるということなのです。

戦略なくして勝利するのは難しい世界ですよ。

 

なお、FXのほうがスプレットが狭いのですが、現物のリップルは手に入りません

GMOコインのレバレッジは?

暗号資産FXで選択できるレバレッジは2倍のみになります。

現物の取引ルールは?

取引時間はメンテナンス時間を除く24時間365日。

取引手数料は無料。

1日の最大注文数量は40,000XRP。

FXの取引ルールは?

取引時間はメンテナンス時間を除く24時間365日。

取引手数料は無料。レバレッジ手数料は0.04%/日。

保有建玉上限は買建玉・売建玉各50,000XRP。

注文方法は成行・指値・逆指値・IFD・OCO・IFD-OCO。両建取引可能。

ロスカット証拠金維持率が75%を下回ると発動。

GMOコインのリップル(xrp)買い方や預入方法!送金手数料は高い?

リップルを買いたい!

リップルの価格が継続して上昇を続けると、姉妹銘柄とも言えるステラ(ルーメン/XLM)にも注目が集まり、ステラの価格も爆上げする可能性があります。

ステラは日本国内では買えませんが、リップルは当サイトがおススメするGMOコインでも購入可能です。

口座開設費用も維持費用も無料なので、まだアカウントをお持ちでない方は、この機会に開設してはいかがでしょうか。

GMOコインの無料口座開設はこちら

 

【GMOコイン関連おすすめ記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください