GMOコインの評判や口コミ!コンビニやクイック入金の制限について!

【この記事は2021年4月現在の内容です。】

相場というものは、当たり前ですが上がることもあれば下がることもあります。

暗号資産は現物を購入する以外にも、レバレッジ取引でロングポジション・ショートポジションを持つことが可能です。

そこで今回は、空売りで利益を出せる暗号資産FXも利用可能なGMOコインの、気になる評判や口コミ、コンビニやクイック入金の制限について解説します。

クイック入金の制限

クイック入金とは、コンビニ入金・インターネットバンキング入金(ネット銀行)・銀行ATM・ペイジー決済などで日本円が即時入金できるシステムです。

各取引所によって対応している種類はさまざまです。

bitFlyerでは、クイック入金を利用すると、入金時相当額の資産移動が7日間できなくなります
例:10万円クイック入金して暗号資産を購入→10万円分の暗号資産は7日間送金できない

Liquidでは、クイック入金を利用すると、設定された金額の上限までしか入金できません
例:コンビニ入金の上限は30万円

GMOコインにクイック入金制限はある?

GMOコインでは即時入金と呼ばれ、インターネットバンキング口座からのみ受け付けています。

制限は以下の通りです。

通常の即時入金

取扱金融機関
・GMOあおぞらネット銀行
・楽天銀行
・住信SBIネット銀行
・PayPay銀行

制限
・最低入金額1,000円/1回
・最高入金額1,000万円/1回

Pay-easy(ペイジー)

取扱金融機関
・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
・みずほ銀行
・りそな銀行
・埼玉りそな銀行
※ネット銀行口座のみ受付(ATMは利用不可)

制限
・最低入金額1,000円/1回
・最高入金額999,999円/1回
入金相当額の暗号資産送金が7日間制限(例:20万円ペイジーで入金して暗号資産を購入→20万円相当の暗号資産の送金が7日間できない)

GMOコインの評判や口コミ!

ここではGMOコインを利用しているユーザーの声を紹介します。

タイミングによってスプレッドが広がる時もありますが、少し待つと落ち着くこともあります

秒スキャとは高速スキャルピングのことで、慣れるとセンスがある方ならすぐにできるようになります
逆に、どれだけ投資経験があっても、向いていなければスキャルで利益を上げるのは難しいとも言えます。

まれにこのような方がいますが…闇でもなんでもなく、口座開設すると無料で配布されるキャンペーンで20,000Satoshiがアカウントに配布されただけです

GMOコインのスプレッドはそんなに広い?

ネットを見ていると、GMOコインはスプレッドが広いと言われています。

私はGMOコインでレバレッジ取引を行ったことがありますが、実際に広い時もあります

ですが、自分で「ここまでのスプレッドなら構わずエントリーする」と決めていたので、それほど不満は感じずにトレードできました。

ちなみに数分間ですが、暗号資産FXにてBTC/JPYのスプレッドを眺めていましたが、470~723円ほどでした。
翌日も同様です。

 

GMOコインでは、口座開設費用も口座維持費用も無料です。

まだアカウントをお持ちでない方は、この機会に開設して、ネット上の意見が本当かどうか自分の目で確かめてみてはいかがでしょうか。

GMOコインの無料口座開設はこちら

 

【GMOコイン関連おすすめ記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください